読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ーフランスの評価です

タイトル観ただけで私は笑い死にするところでした。家内の笑顔が見られて良かったです。脱力系の割に、私にはちょっと難解かな〜。

コチラです!

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

ーフランス村上かるたうさぎおいしーフランス人 [ 村上春樹 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

待ってましたの新作です。厚い本ですが!あっという間に読み終えました。撃沈されちゃいましたーこれまでは欲しい書籍を検索し購入するのですが、楽天ブックス内のオススメの商品からはじめて購入してみました。世代の差でしょうか。」と喜んで読み始めましたが、五分後、「くだらない〜」と笑っておりました。自分でもかるた作りたいと思いました。”人生どうでもよくなること請け合い”…っていう108篇と安西水丸さんの絵が楽しみです〜。夜にゆっくり!楽しく読みたいです。「村上春樹」オタクの家内のために購入しました。村上春樹ファンにはぜひぜひ。春樹フリークなので・・・。村上春樹の小説が好きな妻へのプレゼントでしたがイラストはかわいいけど内容がちょっと物足りないらしいです。好きな作家さんだということと!内容に興味を持って購入しました。とっても面白い、おすすめです。そうでないヒトには全くオススメできません(^-^;ワタシ?もちろん前者ですとも(笑)ねじまき鳥も羊男もカフカ君もいいけど、またたび浴びたタマが愛しい…、脳減る賞モノです。じっくり楽しみます。ノーベル賞の選考委員の方たちにも読んで貰いたい一冊です。このかるたを商品化してほしいです。内容は読んでからのお楽しみ☆ですが読みやすく楽しく期待を裏切らないと思いますよ。なんかもう!絶妙です。が!これを読んでしまった後では無理です。とっても面白いですよ。というか・・・もういいです、とにかく読んでみてください。世界のハルキ・ムラカミの最新作は抱腹絶倒の面白さ。もちろん安西氏の絶妙な挿絵の存在も欠かせません。家内曰く!「あっ!これ読んだことない。春樹氏の文章力がそうさせているんでしょうね。笑っている間に読めちゃいますよ。これまで、エッセイなどでは「地獄でホットケーキ」などの数々の名言がありましたが、この本を読んで、さすがハルキ万歳という感じです。村上春樹!脱力系の新刊です。意味がわかります☆小説の類以上に楽しみなのが!この手の作品です。『かるた』なので、お正月に読みました。ムラカミさんのおやぢギャグ好きなヒトには大層おすすめ。